【Q&A】学資保険は入ったほうがいい?

【Q&A】学資保険は入ったほうがいい?

質問

 

こんにちは。6ヶ月の娘がいます。

 

まだあまり詳しく調べていないのですが、学資保険に入りたいと漠然と考えていました。

 

しかし学資保険に入るなら、普通に貯金を毎月していればよいのでは?と旦那に言われ、どちらが良いのか迷っています。

 

学資保険は必要でしょうか?

 

お答えします

 

 

まずは一般的な学資保険のメリット&デメリットをみていきましょう。

 

学資保険のメリットは、

 

@強制的に貯蓄できる
A契約者に万が一のことがあったら保険料支払いが免除される
B被保険者であるお子様に、特約などで保障をつけられる(つまり病気や入院にも対応)

 

デメリットは

 

@医療保障など特約をつけると元割れする(病気や入院の際の保障をつけることになるので、その分が元割れします)
A物価上昇(インフレ)に弱い(満期金が加入時に決まっているので、貰ったときに物価が上がっていると教育資金の足しにならないことも!?逆に物価が下がればお得になりますね。ただし、これは銀行預金も同じです)

 

もし質問者さまのご主人が十分な保障の保険に加入済みなどであれば、

 

計画的な貯蓄で教育資金を貯めていかれても良いと思います。

 

学資保険よりも利率のよい金融商品はいくらでもあるので、運用に熟知している人や、

 

投資経験がある人はリスクも知った上、株式投資などで教育資金をつくる事も1つの選択肢です。

 

ただ今後、計画的な貯蓄できるか心配であれば、

 

半強制的に貯められる学資保険を選ばれても良いかもしれませんね。

 

ちなみにデメリットであげた「元割れ」は、保障をつけるので、その保障の部分が元割れするのです。

 

たとえば保険料を毎月1万円支払ったとします。

 

そのうちの1,000円が特約としてつけた入院保障分、残りの9,000円が貯蓄されていくから元割れするのです。

 

どうしても元割れするというと「悪い」印象がありますが、

 

保障の部分なので、万が一の為に守ってくれる保険部分だと考えればいいでしょう。

 

学資保険には「保障タイプ」と「貯蓄タイプ」があるので、

 

元割れさせたくない、保障は必要ない、という人なら貯蓄タイプがいいでしょう。

 

家庭状況によって、学資保険の加入の良し悪しは変わりますが、

 

何にせよ今後の教育資金は計画的に準備することを肝に銘じておきましょう。

 

 

 

 

よろしければ応援お願いします☆

 

 


【Q&A】学資保険は入ったほうがいい?関連ページ

ソニー生命の学資保険は返戻率も高く貯蓄性の高い学資保険
ソニー生命の学資保険は貯蓄性の高い学資保険で契約数80万件と一番人気でおすすめします。
ニッセイの学資保険は高い返戻率でおすすめできる学資保険
国内の生命保険ということと約104%という返戻率の高さから常にランキング上位に入るニッセイの学資保険。ニッセイの学資保険には「お祝い金なし」「お祝い金あり」の2種類の保険プランが選べるのが特徴です。
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
明治安田生命の学資保険「つみたて学資」は返戻率も高く評判がよいオススメの学資保険
明治安田生命にはつみたて学資という学資保険があります。返戻率が高く人気の学資保険です。
住友生命のこども保険には学資保険の「すくすく保険」、個人年金保険の「楽しみキャンパス」がある
住友生命の学資保険には、「すくすく保険」と「たのしみキャンバス」の2つを取り扱っています。 「すくすく保険」は学資保険ですが、「たのしみキャンバス」は個人年金保険のため契約者死亡時の保障など学資保険にある機能がありません。
JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つある
JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つありますが、貯蓄型の学資保険は「学資応援隊」という保険プランになります。「にじ」と「えがお」は、親だけではなく子どもへの手厚い保障が特徴になっている保険商品です。
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険なので元本割れする
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険のため、元本割れを起こします。ただし医療特約が充実しているため、保障も欲しい人にとっては非常に魅力的な特徴と言えます。
太陽生命の学資保険「わくわくポッケ」は元本割れする学資保険
太陽生命の学資保険は最近返戻率が高いという一般的な学資保険とは違います。貯蓄型の学資保険ではなく、保障が手厚いので子供の医療保障や契約者の三大疾病育英特約をつけたい人向けの学資保険です。
三井住友海上あいおい生命の学資保険「&LIFEこども保険」は医療特約と養育年金が魅力的
あいおい生命に返戻率を求めるのは間違いです。元々保障の手厚い学資保険なので、返戻率重視の人は貯蓄型の学資保険を選びましょう。
アフラックの学資保険の【夢みるこどもの学資保険】は人気が高い。
アフラックの学資保険は他の学資保険と違い保険プランが1種類だけになります。 貯蓄型ではありますが、今のところは元本割れを起こしています。 高校入学時にも受け取れるメリットもあるので、特に私立高校を受験するお子さんにはメリットもあるでしょう。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険は特約が魅力的
保障に力を入れているのが日本興亜ひまわり生命の学資保険の特徴です。養育年金とお見舞金を付加させないB型もありますが、学資金を受け取れるタイミングは同じなのでここではA型の保険プランについて詳しく説明します。
メットライフ アリコの学資保険
メットライフ アリコの学資保険の特長について
CO−OP(コープ)共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
CO−OP共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
「FP」「代理店」「ネット」どれがいいの?
「FP」「代理店」「ネット」どれがいい?良い学資保険を選ぶ最良の方法
元本割れしない学資保険返戻率ランキング
元本割れしない学資保険返戻率ランキング