JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つある

JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つある

JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つありますが、貯蓄型の学資保険は「学資応援隊」という保険プランになります。

 

*「にじ」と「えがお」は、親だけではなく子どもへの手厚い保障が特徴になっている保険商品です。

 

「学資応援隊」の特徴は、大学進学時の18歳から毎年5回に分けて共済金額が20%ずつ受け取れるというプランです。

 

また、ソニー生命のように営業担当者と会わなくても、店舗で気軽に申し込み出来ます。

 

30歳の男性が0歳児を学資応援隊に加入した時のシミュレーションを見てみましょう。

 

貯蓄型学資保険の学資応援隊の特徴

 

★共済金額300万円
★払込期間18歳
★満期22歳
★月額13833円(年払い159072円)
★返戻率104.7%(年払いの場合)

 

学資応援隊は満期を中学生や高校生も選べるのが特徴です。

 

また学資応援隊には割戻金という配当があり、運用が黒字なら還元されるという仕組みもあります。

 

保証型学資保険にじとえがおの特徴

 

JA共済の学資保険には貯蓄型以外にも、にじとえがおという保障型の保険プランがあるのでそれぞれ説明します。

 

にじの保険プラン

にじは幼稚園入園から大学卒業までの資金準備に充てられて学資金が合計6回受け取れるプランです。

 

30歳の男性が0歳児をにじに加入した時のシミュレーションを見てみましょう。

 

★共済金額300万円
★払込期間22歳
★満期22歳
★祝い金3歳・5歳・11歳・14歳・17歳・18歳もしくは22歳
★月額12393円(年払い142530円)
★返戻率95.6%(年払いの場合)

 

にじは子供の死亡や病気または災害や後遺障害に対する保障がついています。(病気300万円・災害500万円)

 

えがおの保険プラン

にじと比較するとえがおの方が保険料は高いです。

 

これは子どもの年齢が上がるにつれて、保障の金額が上がるからです。

 

保障は病気が300万〜1500万円、災害は500万円〜1700万円になります。

 

★共済金額300万円
★払込期間22歳
★満期22歳
★祝い金3歳・5歳・11歳・14歳・17歳・18歳もしくは22歳
★月額13263円(年払い152523円)
★返戻率89.4%(年払いの場合)

 

にじもえがおも保証が充実しているのが特徴の保険プランです。

 

JA共済の学資保険は契約者の年齢が幅広い

JA共済の学資保険は、契約者の年齢制限が広く、また子供の年齢の幅も広いのが特徴です。

 

★学資応援隊の場合
★契約者年齢18歳〜75歳
★子どもの年齢0歳〜12歳

 

★にじとえがおの場合
★契約者年齢18歳〜75歳
★子どもの年齢0歳〜11歳

 

親が子供のためはもちろん、祖父母が孫のために加入することもできますね。

 

JA共済の学資保険は貯蓄型と保障型、どちらも選べるのがメリットです。

 

子供の保険をかけていない場合は保障型もお勧めします。

 

また学資応援隊は返戻率も高い充実した保険と言えるでしょう。

 

 

JA共済の学資保険の返戻率はどのくらい?

つぎはJA共済の学資保険のそれぞれの返戻率を見てみましょう。

 

学資応援隊の返戻率

学資応援隊の返戻率は月払いか年払いかによって差が出ます。

 

★18歳払い込みの場合
★月払い100.4%
★年払い104.7%

 

上記のように月単位か年単位でも変わりますが、18歳ではなく12歳払い込みの年払いにすると108.6%と高率になります。

 

にじとえがおの返戻率

にじとえがおには子どもの保障がついているので、返戻率は元本割れを起こします。

 

普通の医療保険に学資祝い金が付いていると考えれば、損をするという考え方にはなりません。

 

★にじ
★月払い91.6%
★年払い95.6%

 

★えがお
★月払い85.6%
★年払い89.4%

 

えがおは特に保障が手厚いので、保障を付けたい人向けの保険です。

JA共済は年払いがお得

JA共済の学資保険は月払いだと一般的な学資保険の返戻率に劣ります。

 

しかし年払いを行うことで、一気に104%〜108%になります。

 

払込期間を12歳と短くできるのであれば、トップクラスに返戻率が高い保険プランになります。

 

また学資応援隊には割戻金がついており、割戻金はJA共済のお金の運用が黒字の場合還元してくれるいわば配当金のようなものです。

 

割戻金は景気に左右されますが、他の学資保険と比較して大きいメリットと言えるでしょう。

 

JA共済の学資保険について返戻率は年払いならお得です。

 

もし月払いでと考えるなら、他に返戻率の高い学資保険を探した方が良いでしょう。

 

 

 

JA共済の学資保険の保険料の払い込み期間と支払い方法

JA共済の学資保険の保険料は、払込期間によっても返戻率に差が出るのでどの払込期間があるか知っておきましょう。

 

まずは払込期間からご紹介いたします。

 

JA共済の学資保険の払込期間

学資応援隊
★12歳
★15歳
★全期

 

12歳払込の年払いだと108%の返戻率ですが、一気に23万円の支払い額が必要になるので資金調達が必要です。

 

一方保障型のにじとえがおは保障が付いてくるタイプなので、満期年齢が払込年齢になります。

 

どちらも18歳もしくは22歳が選択でき、払込期間もどちらかになります。

 

JA共済の学資保険の支払い方法

JA共済の学資保険の保険料の支払方法は、以下の通りです。

 

★店頭
★口座振替
★クレジットカード

 

また保険料の払い込み方法については以下になります。

 

★月払い
★年払い
★一時払い
★全期全納

 

幅広い支払い方ができるのが特徴で、払い込み方法は月払いよりも年払いの方が返戻率は高くなります。

 

JA共済の保険料はクレジットカードで支払おう

学資保険は全て支払い方法にクレジットカードを選べるわけではなく、選べる保険会社は一部です。

 

そんな中でもJA共済の学資保険は保険料の支払いにクレジットカードを選択できます。

 

毎月、毎年の支払なのでクレジットカードのポイントが付与されるのはかなりメリットが大きいでしょう。

 

特に月払いだとあまり返戻率は期待できない学資保険ですから、ポイントで還元できるのは嬉しい点ですね。

 

JA共済の学資保険の払込期間は幅広い払込期間が選べます。

 

当然短く支払った方が返戻率はあがります。

 

またクレジットカード支払いができる学資保険なので、ポイントでお得感を感じることができるでしょう。

 

 

 

 

JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つある関連ページ

ソニー生命の学資保険は返戻率も高く貯蓄性の高い学資保険
ソニー生命の学資保険は貯蓄性の高い学資保険で契約数80万件と一番人気でおすすめします。
ニッセイの学資保険は高い返戻率でおすすめできる学資保険
国内の生命保険ということと約104%という返戻率の高さから常にランキング上位に入るニッセイの学資保険。ニッセイの学資保険には「お祝い金なし」「お祝い金あり」の2種類の保険プランが選べるのが特徴です。
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
明治安田生命の学資保険「つみたて学資」は返戻率も高く評判がよいオススメの学資保険
明治安田生命にはつみたて学資という学資保険があります。返戻率が高く人気の学資保険です。
住友生命のこども保険には学資保険の「すくすく保険」、個人年金保険の「楽しみキャンパス」がある
住友生命の学資保険には、「すくすく保険」と「たのしみキャンバス」の2つを取り扱っています。 「すくすく保険」は学資保険ですが、「たのしみキャンバス」は個人年金保険のため契約者死亡時の保障など学資保険にある機能がありません。
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険なので元本割れする
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険のため、元本割れを起こします。ただし医療特約が充実しているため、保障も欲しい人にとっては非常に魅力的な特徴と言えます。
太陽生命の学資保険「わくわくポッケ」は元本割れする学資保険
太陽生命の学資保険は最近返戻率が高いという一般的な学資保険とは違います。貯蓄型の学資保険ではなく、保障が手厚いので子供の医療保障や契約者の三大疾病育英特約をつけたい人向けの学資保険です。
三井住友海上あいおい生命の学資保険「&LIFEこども保険」は医療特約と養育年金が魅力的
あいおい生命に返戻率を求めるのは間違いです。元々保障の手厚い学資保険なので、返戻率重視の人は貯蓄型の学資保険を選びましょう。
アフラックの学資保険の【夢みるこどもの学資保険】は人気が高い。
アフラックの学資保険は他の学資保険と違い保険プランが1種類だけになります。 貯蓄型ではありますが、今のところは元本割れを起こしています。 高校入学時にも受け取れるメリットもあるので、特に私立高校を受験するお子さんにはメリットもあるでしょう。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険は特約が魅力的
保障に力を入れているのが日本興亜ひまわり生命の学資保険の特徴です。養育年金とお見舞金を付加させないB型もありますが、学資金を受け取れるタイミングは同じなのでここではA型の保険プランについて詳しく説明します。
メットライフ アリコの学資保険
メットライフ アリコの学資保険の特長について
CO−OP(コープ)共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
CO−OP共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
「FP」「代理店」「ネット」どれがいいの?
「FP」「代理店」「ネット」どれがいい?良い学資保険を選ぶ最良の方法
元本割れしない学資保険返戻率ランキング
元本割れしない学資保険返戻率ランキング
【Q&A】学資保険は入ったほうがいい?
学資保険は必要でしょうか?