こどもができたら入っておきたい「学資保険」について

こどもができたら入っておきたい「学資保険」|FPパパちが詳しく説明!

学資保険は親の死亡に備えつつ、
こどもの教育資金を貯める保険です。

 

入学などの節目や満期に祝い金を受け取れる貯蓄性
そして契約者である親がなくなった場合の保険料が免除されるという
2つの特徴があります。

 

高校や大学などこどもの教育費の負担が大変になる時期に、
お金(祝い金、満期学資金)が受け取れるように
設計されている貯蓄性のある保険です。

 

商品によってお金を受け取れる時期を15才、18才、に限定しているものや、
17才、18才、20才、22才と4パターンから選ぶものなど種類は様々です。

 

支払う保険料は、親などの契約者とこどもの年齢、性別によって決まります。

 

一般的に、契約者が万が一なくなった場合は、
それ以降の保険料の支払いが免除されます。

 

預金とは違い、
簡単に引き出すことができないので、

 

貯蓄は苦手というタイプでも
教育資金を貯めていくことができるでしょう。

 

そのため、どちらかといえば貯蓄性の部分を重視しているケースが多いと思います。
ポイントは「戻ってくるお金の割りあいの良さ」です。

 

分割よりも一括で受け取るタイプのほうが戻り率はよくなります。

 

また、保険料を短期間で全額納めると戻り率もよくなります。

 

もちろんなかには戻り率が低いものもあります。

 

子どもに対する死亡保障などが
手厚い商品は返戻率が悪くなります。

 

個人的には学資保険は教育資金を貯めるのが目的ですから、
こどもに死亡保障は必要ないのではないかと思います。

 

なお、加入時に親の年齢が高いほど保険料が高くなります。

 

年齢が上がるほど死亡率が高くなるからです。

 

年齢によっては、受け取る金額が払い込んだ保険料を
下回る可能性は大きくなります。

 

元本割れしそうなら貯蓄に回したほうが得かもしれません。

 

学資保険に入るかどうか

 

学資保険は利率が低いかもしれませんが、
加入していると、もし親が亡くなってもその後の保険料は免除され
さらに、満額保障されます。

 

貯金だと貯めた分だけしか手元に残りませんが、
学資保険に入っていれば、加入して1ヵ月後に亡くなったというケースでも
こどもの教育資金は確保できるというわけです。

 

FPに相談すると保険料を少なくするために
削られがちな保険ですが、

 

「こどもをせめて大学まで行かしたいわ」
と考えれらているご家庭は、
加入するのを検討したほうがいいと思う保険です。
(実際私は学資保険入っています)

 

たとえ、お子様が大学に行かなかったとしても、
住宅ローンの頭金や生活費にまわせますので、
損はない保険だと思います。

 

これですべてこどもの教育費をまかなえるわけではありませんが、
コツコツ貯めて満期を迎えたときはほんと助かると思いますよ。。

 

「そんな余裕ないわ。。」
と年収が低いご家庭は大変かもしれません。

 

「どうしてもこども教育費をだせない」という場合は、
奨学金制度や日本政策金融公庫で教育資金を借りる
というものを利用するのも方法のひとつです。

 

いわゆる借金ですが、これはもう各ご家庭の考え方によりますね。

 

学資保険に加入できる期間は決まっていますので決断は早いほうがよいです。

 

保険会社にもよりますが、長くて10歳くらいまでですのでそれまでに加入するか答えを出しましょう。

 

【2016年度学資保険ランキング】返戻率をもとに学資保険をFPという中立の立場で解説!

こどもができると考えたい学資保険。

 

2016年度人気の学資保険をランキングにしました。

 

やはりここ数年は戻り率(かけた金額より多く返ってくる率)が高い商品に人気が集まっています。

 

このサイトを立ち上げて5年以上になりますが、上位5つはそんなに変わらない印象です。

 

学資保険の選定基準は、保険料と返戻金といつ祝い金をもらえるかだけを見ればはずすことはないと思います。

 

ソニー生命はおもに貯蓄を目的とした学資保険で返戻率が高いということで人気です。
受け取るタイミングに2パターンあります。

 

T型 中学、高校、大学の入学のときにもらう
U型 18歳に一括でもらう

 

また利差配当型といって、保険会社が集めたお金をうまく運用できて利益が出た場合、配当金がもらえます。
ソニー生命は5年ごとです。(新規加入は停止中のようです)

 

ニッセイ学資保険も返戻金が高いということで2016年は人気の学資保険となっています。
ニッセイの学資保険には「こども祝い金ありタイプ」と「こども祝い金なしタイプ」とあります。

 

「こども祝い金ありタイプ」は小学校・中学校・高校の入学時と18歳から22歳まで毎年1回受け取れ(計8回)、
「こども祝い金なしタイプ」は18歳から22歳まで毎年1回受け取れます(計5回)。

 

みらいのつばさは受け取る期間がこと細かく設定されており、
2人目の子供の保険料が安くなるプランがあるのが特徴です。

 

プランは「ステップ型」と「ジャンプ型」があり、
「ステップ型」は3、6、12、15、18、20,22歳と祝い金を受け取ることができ、
「ジャンプ型」は18歳と22歳に受け取れます。

 

昔からある定番の商品で、標準的な学資保険です。がん保険のイメージがありますが、
学資保険に加入されている方も非常に多いです。

 

プランはシンプルで
一括で受け取るか、
15歳に一時金をもらいそのあと4回に分けて(計5回)受け取る2パターンあります。

 

医師の審査も不要というのも特徴です。

商品改定して返戻率が高くなり人気でました。
保険料支払いプランが一括、5、10、15年とあり、長くても15年で支払いを終えるので、早く払う分返戻金が高いのが特徴です。

 

受け取りは18歳(大学入学)以降4回に分けて受け取れます。

 

戻り率で選ぶのがポイントの学資保険

学資保険はこどもの教育資金を貯める保険です。

 

学資保険には教育費を貯める主契約部分に、
特約として
・親の死亡時に年金としてもらえる育英年金
・こどもの医療保険

があります。

 

貯蓄型であれば戻り率は100%を超えるものが多いですが、
特約も付けるとなると戻り率は100%を切ることがほとんどです。

 

学資保険はあくまで教育費用を貯める目的として加入し、
死亡保障は死亡保障で別に契約される方が大半です。

 

ちなみに学資保険は契約者である親がなくなった場合、保険料が免除されるという特徴もあります。

 

預金とは違い、簡単に引き出すことができないので、
貯蓄は苦手というタイプでも教育資金を貯めていくことができるでしょう。

 

また個人事業や会社経営されている方は所得税4万円、住民税2万8千円の控除が受けられますので、
節税対策で加入されている方もおられます。

学資保険を受け取るタイミング

学資保険は高校や大学などこどもの教育費の負担が大変になる時期に、
お金(祝い金、満期学資金)が受け取れるように
うまく設計されている貯蓄性のある保険です。

 

商品によってお金を受け取れる時期を15歳、18歳、に限定しているものや、
15歳、18歳、19歳、20歳、21歳、22歳と5パターンから選ぶものなど種類は様々です。

 

大学生になる18歳になって一括で満額もらうケースもあります。

 

 

分割よりも一括で受け取るタイプのほうが戻り率はよくなります。

 

また、保険料を短期間で全額納めると戻り率もよくなります。

 

もちろんなかには戻り率が低いものもありますし、子どもに対する死亡保障などが手厚い商品は返戻率が悪くなります。

 

学資保険に入るかどうか

学資保険は利率が低いかもしれませんが、
加入していると、もし親が亡くなってもその後の保険料は免除され
さらに、満額保障されます。

 

貯金だと貯めた分だけしか手元に残りませんが、
学資保険に入っていれば、加入して1ヵ月後に亡くなったというケースでも
こどもの教育資金は確保できるというわけです。

 

FPに相談すると保険料を少なくするために
削られがちな保険ですが、

 

「こどもをせめて大学まで行かしたいわ」
と考えれらているご家庭は、
加入するのを検討したほうがいいと思う保険です。
(実際私は学資保険入っています)

 

たとえ、お子様が大学に行かなかったとしても、
住宅ローンの頭金や生活費にまわせますので、
損はない保険だと思います。

 

これですべてこどもの教育費をまかなえるわけではありませんが、
コツコツ貯めて満期を迎えたときはほんと助かると思いますよ。。

 

「そんな余裕ないわ。。」
と年収が低いご家庭は大変かもしれません。

 

「どうしてもこども教育費をだせない」という場合は、
奨学金制度や日本政策金融公庫で教育資金を借りる
というものを利用するのも方法のひとつです。

 

いわゆる借金ですが、これはもう各ご家庭の考え方によりますね

加入するなら早いほうがよい理由

加入時に親の年齢が高いほど保険料が高くなります。

 

年齢が上がるほど死亡率が高くなるからです。

 

年齢によっては、受け取る金額が払い込んだ保険料を下回る可能性は大きくなりますので

 

元本割れしそうなら貯蓄に回したほうが得かもしれません。

 

また学資保険に加入できる期間はこどもが0〜6歳の間ですので決断は早いほうがよいです。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)に学資保険の相談して有利に

家計に負担なく学資保険を選ぶのは難しいですよね。

 

無理なく教育費をためるために保険のプロに相談するのもひとつの方法です。

 

FPの中でも経験を積んだ者のみ登録しているのが保険相談所です。

 

何度でも無料で相談できますので「利用するだけ利用する」という気持ちで
保険の加入を検討しましょう。

 

僕は2016年に「保険のビュッフェ」で保険の見直しを行っています。

 

中には有料相談もあり、
家計のホームアドバイザーであるFP(ファイナンシャル・プランナー)への
相談料は相談内容によっても異なり、一概にはいえませんが、

 

『FP実態調査』では、
1時間あたりの相談料は『5千〜1万円未満』が約4割、
『1〜2万円未満』が約3割という調査結果となっています。

 

無料相談の人でも良い人はいますし、有料相談でも裏で儲けようとする人います。

 

広告や雑誌に掲載されていて、
ある程度知名度があれば大抵の場合は安心できます。

 

学資保険以外の保険もある

もちろん学資保険以外でも
教育資金を積み立てることも可能です。

 

別にこどもの教育資金をためるのに学資保険でいけないということはありません。

 

そのひとつとして、「低解約返戻金終身保険」を利用する方法があります。

 

低解約返戻金型終身保険の満了時期を短く設定して、
こどもの進学時期に合わせます。

 

これだと返戻金が高く、
親の死亡保障も兼ねることができます。

 

ですがデメリットもあり、
低解約返戻金型終身保険は固定金利なので
インフレには弱いということです。

 

あと保険屋からすれば
低解約返戻金型終身保険を紹介した方が
報酬は高いです。

 

こういった裏事情もあります。

 

 

よろしければ応援お願いします☆

 

 


こどもができたら入っておきたい「学資保険」について記事一覧

一昔前の学資保険といえば、郵便局で取り扱っていた簡易保険(かんぽ)が定番でした。以前のイメージから、こどもが生まれのとき...

学資保険で受け取るお金は「一時所得」という部類に入り、所得税の対象になります。ですが、どれだけかかるか計算式があるのです...

1つ目はこども保険に入るタイミングです。こども保険の利率は、加入時に確定した運用利率で決まるためこども保険に入るタイミン...

〜学資保険は親が万が一の時でも満期金が確保できる保険です〜返戻率が高い、つまりたくさんお金が返ってくる保険会社をランキン...

学資保険のメリットとデメリットについて学資保険のメリットは、お金を積立てて行くのと違い、万が一契約者(親)が保険期間中に...

貯蓄型の学資保険の内容(特長)について学資保険(こども保険)といえば貯蓄型というのが一般的です。その内容(特長)は戻り率...

質問こんにちは。6ヶ月の娘がいます。まだあまり詳しく調べていないのですが、学資保険に入りたいと漠然と考えていました。しか...

この学資保険は人気がありますね。貯蓄型の保険で私も検討した学資保険のひとつです。少し内容をご紹介しましょう戻ってくる保険...

ソニー生命の学資保険は返戻率が高いためとても人気があります。返戻率とは支払った保険料以上に保険金額が戻ってくる割合のこと...

フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険ジャンプ型。祝い金+満期保険形=200万円コース。こども0歳30歳の保険料男性:8...

太陽生命の学資保険の特長について太陽生命の学資保険「わくわくぽっけ」の特長は4つほどあります。まず1つ目が契約者に万が一...

郵便局の学資保険の特長について郵便局の学資保険はかんぽ生命と提携しているため、そちらの「新学資保険」が対象となります。特...

アリコの学資保険の特長についてメットライフアリコから販売されている学資保険、「こども保険」は学資給付金付きとなっていて、...

三井住友海上あいおい生命の学資保険の特長について三井住友海上あいおい生命の学資保険「&LIFE」は成長に合わせた祝い金を...

NKSJひまわり生命の学資保険の特長についてNKSJひまわり生命の学資保険は出費のピーク時にお祝い金が支給されるという他...

こどもの医療保障が充実しているのが特徴。月1000円の手頃な掛け金で、病気やけがによる入院が1日目から保障されるほか、長...

学資保険は、えらぶ場所が重要「FP」「代理店」「ネット」の3つについて社会人になったり、家族を持つと必要性を強く感じるの...