厚生年金

【厚生年金】厚生年金は国民年金に上乗せされる年金

厚生年金は国民年金に上乗せされる2階部分の年金で、
民間企業などの適用事業所で働く
70歳未満の人が被保険者となります。

 

 

厚生年金の保険料

 

毎月の保険料は
毎月の保険料と賞与に保険料率をかけて計算します。

 

毎月の保険料=標準報酬月額×保険料率
賞与の保険料=標準賞与額×保険料率

 

保険料率は平成26年9月亜から平成27年8月までは17.474%で
毎年9月に0.354%引き上げれれて最終的に18.30%で固定されます。

 

・保険料は事業主と従業員が半分ずつ負担
・標準報酬月額の上限は62万円
・標準賞与額の上限は1回の支払いにつき150万円
・育児休業中の保険料は、子が3歳になるまで
事業主・従業員ともに免除されます。

 

 

離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?

離婚したら
「旦那がもらえる年金の半分はもらえるよね?」
と思われている方がおられますが、

 

これは違います。

 

対象となるのは
「結婚していた間の厚生年金のみ対象」
で、さらにその半分が対象になります。

 

基礎年金の部分は全く関係がありませんので注意して下さい。

 

たとえば
夫が40年間働いて
厚生年金の金額が100万円だった。
その間の婚姻期間が20年間でした。

 

その場合対象となるのは20年間の部分で
100万円の半分の50万円です。

 

さらにここから半分にした金額25万円が最大もらえる金額となります。

【厚生年金】国民年金に上乗せされる年金関連ページ

【国民年金】国民年金の仕組みついて詳しく解説!
国民年金は日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するもので、 基礎年金ともいわれています。
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【遺族基礎年金】国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
【遺族厚生年金】遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
【障害基礎年金・障害厚生年金】障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。
障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。障害基礎年金と障害厚生年金とあります。
【国民年金基金・付加年金・小規模企業共済】自営業者のための年金制度
老齢厚生年金に上乗せする制度です。
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?