老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできる。

老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできる。

老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできます。

 

老齢基礎年金は65歳からもらえますが、
早くもらえたり遅くもらえたりすることができるんです。

 

早くもらえる分通常もらえる額より少し減ります。
逆に遅くもらうと通常もらえる額より多くもらえます。

 

@早くもらう場合(繰り上げ支給)
繰り上げ支給をすると、最大で60歳から年金を受給することができます。
ただし、支給開始年齢を早める期間に応じて年金額が減額されます。
65歳からの受給額を基準に1ヶ月繰り上げるごとに0.5%の減額となります。
なお、繰り上げ支給を請求するとその後、要件を満たしたとしても
障害年金の受給ができなくなるなどの注意点があります。

 

A遅らせてもらう場合(繰り下げ支給)
繰り下げ支給をすると、66歳以降、
最大で70歳まで年金の受給開始年齢を遅らせることができます。
また、遅らせる期間に応じて年金額が増額されます。
65歳からの受給額を基準に
1ヶ月繰り下げるごとに0.7%増額されます。

 

繰上げ、繰り下げを行うことで減額または増額された年金額は、
その後変更されることはありません。

 

また、平成19年4月以降の65歳に達する人は、
老齢厚生年金も繰り下げ支給ができるようになりました。

 

この場合、老齢基礎年金とは別に繰り下げ支給の請求ができ、
繰り下げた場合の年金の増額率は老齢基礎年金と同じです。

老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできる。関連ページ

【加給年金】老齢厚生年金の受給者に扶養家族がいたらもらえる
【加給年金】老齢厚生年金の受給者に扶養家族がいたらもらえる
【在職老齢年金】給料をもらいながら年金を受け取る場合減額される制度
【在職老齢年金】給料をもらいながら年金を受け取る場合減額される制度