加給年金

【加給年金】老齢厚生年金の受給者に扶養家族がいたらもらえる

加給年金とは老齢厚生年金の受給者に
扶養家族がいる場合にもらえる年金です。
家族手当てのようなものです。

 

加給年金がもらえる要件は
@厚生年金の加入期間(被保険者期間)が
原則として20年以上あること
A受給権発生時に扶養している配偶者や子がいること
B配偶者や子供が将来にわたり
(5年程度。定義があいまい)年850万円以上の収入がないこと

この3点です

 

この場合の配偶者は65歳未満、
子は18歳になった後の最初の3月31日までの未婚の子
(1級、2級障害のある子の場合は20歳未満)をいいます。

 

年金額は対象となるのが配偶者か子かによって違います。

 

対象者が配偶者の場合は、受給権者の生年月日によって
222,400〜386,400円で、
子の場合は、2人目までは1人につき222,400円、
3人目以降は1人につき74,100円となっています。

 

手当てとしてもらえる額が多めです。

 

これは平成26年度の数字です。
金額は改正がありますので注意してくださいね

 

あと、妻などの配偶者が65歳になって、
年金をもらいだすと加給年金はもらえなくなります。

その場合に「振替加算」というものがあります。
配偶者自身の老齢基礎年金にプラスしてもらえるんです。

 

でもこの振替加算
というのはなくなることが決まっています。

 

昭和41年4月2日以降生まれの人には
支給されないので注意して下さい。

 

【加給年金】老齢厚生年金の受給者に扶養家族がいたらもらえる関連ページ

老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできる。
老齢基礎年金は早くもらえたり遅くらせることもできる。
【在職老齢年金】給料をもらいながら年金を受け取る場合減額される制度
【在職老齢年金】給料をもらいながら年金を受け取る場合減額される制度