遺族基礎年金

【遺族基礎年金】国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。

遺族年金(給付)とは公的年金制度の被保険者が死亡した場合に、
親族がもらえる年金です。

 

国民年金からの給付には
・遺族基礎年金
・寡婦年金
・死亡一時金

があり、

 

厚生年金からの給付には
・遺族厚生年金
・中高齢寡婦加算

があります。

 

ここでは
・遺族基礎年金
・寡婦年金
・死亡一時金
について説明したいと思います。

 

遺族基礎年金とは国民年金に加入している人が死亡したとき、
遺族がもらえるものです。

 

  国民年金 厚生年金 共済年金
老齢給付 老齢基礎年金

・特別支給の老齢厚生年金
・老齢厚生年金

退職共済年金
障害給付

障害基礎年金
(1〜2級)

・障害厚生年金(1〜3級)
・障害手当金

・障害共済年金(1〜3級)
・障害一時金

遺族給付

・遺族基礎年金
・寡婦年金
・死亡一時金

遺族厚生年金 遺族共済年金

 

 

もうらうには死亡した人と受け取る人と両方決められた
要件を満たす必要があります。

 

@死亡した人の要件

・国民年金の被保険者、または過去に被保険者であり国内に住所がある
60歳以上65歳未満のものが死亡したこと

 

・老齢基礎年金の受給権者、または受給資格期間を満たしたものが死亡したこと

 

・死亡した月の前々月までに、保険料納付済み期間と保険料免除期間を
あわせた期間が、被保険者期間全体の3分の2以上あること。
ただし、平成28年4月1日以前に死亡した場合、直近の1年間に保険料の滞納がないこと

と3つあります。

 

A受給できる遺族の範囲
遺族基礎年金を受給できる遺族は、
死亡した人に生計を維持されていた
子のある妻または子に限られていましたが、
平成26年4月からは子のある夫も支給対象となります。
ただし、死亡した夫または妻が
第3号被保険者である場合には
遺族基礎年金は支給されません。

 

ここでいう子とは、18歳に達した後の最初の3月31日までの未婚の子
(1級、2級障害のある子の場合は20歳未満)を指します。

 

 

遺族基礎年金の受給額

 

遺族基礎年金はいくらくらいもらえるのか
表にします(平成26年度価格)

 

子のある妻・夫の場合

 

子の数 年金額の内訳 合計金額
1人

772,800円+
222,400円

995,200円
2人

772,800円+
222,400円×2

1,217,600円
3人

772,800円+
222,400円×2+
74,100円

1,291,700円

*3人目以降は、1人つき74,100円を加算

 

 

子のみの場合

 

子の数 年金額の内訳 合計金額
1人 772,800円 772,800円
2人

772,800円+
222,400円

995,200円
3人

772,800円+
222,400円+
74,100円

1,069,300円

 

次に寡婦年金と死亡一時金について説明します。
これは両方もらえずどちらか一方しかもらえませんので
その点は注意してください。

 

 

寡婦年金

婚姻期間が10年以上で、
死亡した夫に養ってもらっていた妻がもらえる年金です。
夫が第1号被保険者としての
保険料納付期間が25年以上ある必要があります。

 

もらえるのは妻が60歳から65歳になるまでの5年間です。
もし50歳のときに夫が死亡した場合は10年後にもらえるということになります。
もらえる額は夫がもらえるはずだった老齢基礎年金の4分の3です。

 

 

死亡一時金

第1号被保険者として3年以上の保険料納付済期間がある人が死亡したときで、
遺族基礎年金を受給できる遺族がいない場合に、
一定の遺族が受け取れる一時金です。
受給できる遺族の範囲は、
死亡した人と生計を一にしていた(養ってもらっていた)
配偶者、子、孫、父母、祖父母、兄弟姉妹となります。

 

もらえる額は保険料の納付済み期間に応じて
12万円〜32万円です。

 

【遺族基礎年金】国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。関連ページ

【国民年金】国民年金の仕組みついて詳しく解説!
国民年金は日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するもので、 基礎年金ともいわれています。
【厚生年金】国民年金に上乗せされる年金
厚生年金は国民年金に上乗せされる2階部分の年金で、民間企業などの適用事業所で働く70歳未満の人が被保険者となります。
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【遺族厚生年金】遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
【障害基礎年金・障害厚生年金】障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。
障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。障害基礎年金と障害厚生年金とあります。
【国民年金基金・付加年金・小規模企業共済】自営業者のための年金制度
老齢厚生年金に上乗せする制度です。
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?