年金をもらうための手続きはどうすればいの?

年金をもらうための手続きはどうすればいの?

年金は、自動的に振り込まれるものではなく、
こちらから請求しなければなりません。

 

このことを「裁定請求」といいます。

 

年金は請求しないと5年で時効になってしまうので
その点は注意したいところですね。

 

ただし、年金を払ったのに記録されていないなどの
間違いがあった場合などはきちんと支給されますのでしっかり
記入漏れがないか確認しましょう。

 

・年金手帳が数枚ある
・名前が変わった
・転職が多い

これらに当てはまる人は注意して
確認したほうがよいです。

 

ねんきん定期便といって日本年金機構から
ハガキが送られてくると思いますが、
ゴミ箱に捨てずにしっかり開封して記録を見ましょう。

 

払ってるのに払ってないと記録されてたら腹が立ちますものね。

 

それで請求する窓口ですが、
次のようになっています

 

加入していた年金制度 手続きの窓口
国民年金の第1号被保険者期間のみ 住所地の市区町村役場
国民年金のみで第3号被保険者期間がある 住所地を管轄する年金事務所
複数の制度に加入し、最後が国民年金の第1号、または第3号被保険者である 住所地を管轄する年金事務所
厚生年金被保険者期間のみ 最後に勤めた会社を管轄する年金事務所
複数の制度に加入し、最後は厚生年金の被保険者である 最後に勤めた会社を管轄する年金事務所 
共済組合の加入期間がある人 加入していた共済組合

 

 

年金の支給時期

 

年金の支払いは原則として偶数月の15日に、前月までの2ヶ月分が支払われます。

年金をもらうための手続きはどうすればいの?関連ページ

【国民年金】国民年金の仕組みついて詳しく解説!
国民年金は日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するもので、 基礎年金ともいわれています。
【厚生年金】国民年金に上乗せされる年金
厚生年金は国民年金に上乗せされる2階部分の年金で、民間企業などの適用事業所で働く70歳未満の人が被保険者となります。
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【遺族基礎年金】国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
【遺族厚生年金】遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
【障害基礎年金・障害厚生年金】障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。
障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。障害基礎年金と障害厚生年金とあります。
【国民年金基金・付加年金・小規模企業共済】自営業者のための年金制度
老齢厚生年金に上乗せする制度です。
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?