就職したら入っておきたい保険はコレ。

就職したら入っておきたい保険はコレ。

新社会人おめでとうございます!

 

会社に就職して保険のことを考えるならまずは、
「公的保険の保障はどのくらいあるのか?」
を理解しておきましょう。

 

万が一病気やけがをしたとき、健康保険や厚生年金制度から
どのくらい保障されるのか知ってから、
民間の保険を検討しましょう。

 

それで公的保障ですが、給与明細を見ると、社会保険料として
健康保険料と厚生年金保険料が引かれていると思います。

 

これが公的な保障になります。

 

健康保険は病気なると3割負担で治療することができます。

 

さらに「高額療養費制度」といって、
1ヶ月に同じ医療機関で支払った治療費が
ある一定を超えた分戻ってという制度があります。

 

また厚生年金は、老後の積み立てだけでなく、
障害などで働けなくなったときにもらえる障害年金や、
自分が死亡してしまった場合にもらえる遺族年金という保障もあります。

 

あと会社の福利厚生制度の内容も抑えておきたいところですね。

 

たとえば、有給休暇があったり、
遺族弔慰金制度(死亡保障)があるなど、
とくに健保組合を持つ大手企業では、このあたりは手厚いので、
確認しておいてください。

 

一般的な企業ではこうした制度はない場合が多いです。

 

そして、これら公的保障だけでは足りない部分を
補足するのが民間の保険。

 

若い世代のころは重い病気にかかって入院することよりも、
ケガや交通事故による入院保障のほうが重要になってくるでしょう。

 

入院日額5000円のシンプルな保障をベースに
余裕があれば少額の死亡保障をプラスするという考えでよいでしょう。

 

死亡保障をかけるなら、安い掛け捨てか、
貯蓄性のある商品で積み立てるという習慣を身につけるのもよいでしょう。

 

ただし、保険で貯蓄するコツは
途中でやめると損をするので無理のない金額を設定することが
大事になります。

 

保険の部分はないものとして、やりくりする習慣をつけると
貯金ができるようになりますよ☆

 

■新社会人の保険の例

 

新社会人 Aさん22歳 女性 会社員

 

収入・・・年収190万円
毎月の支出・・・12〜13万円
加入保険
死亡:200万円
入院:1日1万円

 

Aさん女性に提案したのは、入院日額1万円の医療保障をベースに
死亡保障は貯蓄する習慣をみにつけるために
「払い込み期間60歳までの低解約返戻金型終身保険」。
例として図にしてみました。

 

  保険金額 保険期間 保険料・払い込み期間

オリックス生命

終身保険ライズ

(低解約払戻型)

死亡保障200万円 終身

月額2566円

(60歳まで)

医療保険

オリックス生命

医療保険新キュア・レディ

(女性入院特約・先進医療特約・がん診断治療給付金特約・がん通院特約)

入院日額

1万円

女性入院日額

5000円

先進医療

2000万円

がん診断給付金

100万円

がん通院日額

1万円

終身

6271円
(60歳まで)