その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@

その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@〜医療費控除〜

〜保険に加入すると控除が減る〜

いまの健康保険制度は、個人の負担が3割です。
10万円かかっても3万円ですみます。

 

これはほとんどの方がご存じだと思います。

 

意外と知られていないのが、
医療費控除というものがありまして、

 

年間10万円を超える医療費があった場合、
確定申告をすれば、
10万円を超える部分の一部が戻ってきます。

 

会社員の方は医療費控除は会社のほうでは計算しませんので、
ご自身で確定申告する必要があります。

 

しかもこの医療費は自分だけでなくご家族の病院代も
すべて合計してOKなんです。

 

医療保険に入っていない場合、
どれだけ控除されるか例をだしてみます。

 

医療費控除の計算式:
年間の総医療費ー民間の保険会社からの給付金ー基礎控除額10万円

*年間所得が200万円だった場合、総所得金額の5%の額

 

●医療保険に入っていないケース

 

家族で22万円年間かかった。

 

控除対象額:22万円ー10万円=12万円
*10万円というのは基礎控除額です

 

医療費控除で戻ってくる住民税の還付金
= 医療費控除額 × (所得税の税率)+医療費控除額 × (住民税の税率)

 

なので

 

所得税と住民税を足して30%と仮定して計算すると3万6千円。
(人によって税率は変わります。)

 

この場合3万6千円が返ってきます。

 

実質の負担額は22万ー3万6千円で
18万4000円になります。

 

ではここで本題にはります。

 

もし民間の医療保険に加入して給付金を受け取った場合、
その分は差し引かれて計算されます。

 

総医療費ー民間保険でもらった給付金ー基礎控除(一律10万円)

 

この合計額に対して所得税と住民税を引いた金額が返ってきます。

 

医療保険に入ったいたときどれくらい自己負担額があるか
ちょっと計算してみましょう。

 

●医療保険に入っているケース

 

日額7000円の医療保険に入っており
10日間入院した(手術もした)と仮定して
上記の例でたとえると・・・

 

家族で年間22万円医療費がかかった。

 

医療保険に入っていたので、
入院給付金7万円と手術給付金5万円もらった。

 

控除対象額は22万円ー12万円(7万+5万)ー10万円(基礎控除額)=0円

 

よって還付金はなし。

 

実質の負担額は
22万円ー12万円ー10万円

 

こう比べると
「なんだ18万4000円と10万円だと医療保険に入っていたほうが得じゃないの?」

 

と一瞬思いますが、
医療保険代が含まれていないことを忘れないでください。

 

もし月額3500円の医療保険に5年間はいっていたとしたら

 

3500円×12カ月×5年=保険料21万円

 

かかる計算になります。

 

18万4000円VS31万円という結果になりました。

 

いかがでしょうか。

 

「医療保険に入ってすぐに病気になれば得じゃないの?」

 

という疑問にも答えるために次のページで詳しく解説しますね!

 

これだけはやっておこう

医療保険に入る入らないにかかわらず
ご家族の分の領収書もしっかり保管しておきたいところですね。

 

ちなみに医療費が認められるのは、

 

「治療するためにかかった費用」で

 

「予防のためにかかった費用」は認められません。
下記の図を参考にしてください!

 

対象となる医療費 対象とならない医療費

・医師による診察費用、入院費用
・出産費用
・治療や療養のための薬代
・重大な疾病が発見され、引き続き治療を受けた場合の健康診断の費用

・健康増進や疾病予防のための費用
・美容整形などの費用
・健康診断(人間ドック)の費用

 

では医療保険が必要ないという理由A
〜高額医療費で負担は軽くなる〜
に行きます。

 

 

その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@関連ページ

お得な保険は絶対に手放さず無駄な特約だけを見直そう
予定利率が高かった時代に加入した貯蓄性のある保険は,そのままにしておきましょう。
保険の見直しでやっていいことと、いけないこと
保険は加入した当時のまま、ずっと継続していけば良いというものではありません。
保険証書を理解するコツ
難しい保険証書をほったらかしにしていませんか?意外とコツを掴めば見やすいものです。
保険料の支払い総額はいくらになるかを調べよう
保険を見直すときのチェックとして支払う保険料の総額を見よう
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう
保険の転換をして契約者が得をするということはほぼないといって過言ではありません。
これまでの保険と新しい保険は加入期間をダブらせよう
新規に入り直す際のポイントは、前の保険と重複する期間を作ることです。
保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡
要はわずらわしさの問題です。
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険金の請求には「時効」があるので要注意
保険金の請求には「時効」があるので要注意
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜