保険はびっくりするほど高い商品

保険はびっくりするほど高い商品

今入られている保険がもしあれば
その保険の総支払額はいくらか計算されたことはあるでしょうか。

 

毎月の保険料はわかっていても、この質問に答えられない方は多いと思います。

 

生命保険文化センターの調べでは、
1世帯あたりの年間払い込み保険料は41万6000円。

 

月額にすると約3万4700円になります。

 

これを20年30年と払い続けるのです。

 

ではこれがいくらになるかと計算しますと
20年で832万円、30年だと1248万円になります。

 

住宅ローンの次に大きな買い物であるということがわかると思います。

 

この高額な商品を
「知り合いにすすめられてなんとなくはいった」
「保険の営業員になんどもすすめられたからので・・」

といわれるがままに加入された方も多いはずです。

 

気持ちはわかるのですが、
保険は義理や人情で選択するのは避けたいところです。

 

車や家電を買うときはネットで検索や比較しませんか?
野菜やお肉の値段をほかのスーパーと比較しませんか?

 

そう思うと
保険だけいわれるがままに加入するのは
おかしいことに気づくはずです。

 

これに気づいておられる方は
保険相談サービスを2社以上うまく利用して比較しています。

 

パンフレットをみて何度も見積もりを出してもらい
検討する姿勢が大切なんです。

 

いかがでしょう。

 

見直すだけで得する可能性があることは説明しました。
高額な保険をいまいちど見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

お暇なときに読み返していただけると
うれしいです。

 


保険はびっくりするほど高い商品関連ページ

保険会社のランキングって信頼できるの?
保険会社のランキングって信頼できるの?
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
保険を難しくしている保険業界の事情
保険が難しく感じてしまう理由は、「非日常的な商品であること」が第一の理由だと思います。
民間の保険に入らなくても公的保険の保障がある
なかには保険なんていらない!という人もいるでしょう。保険に入らない場合に知っておきたいことをまとめました。
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
禁煙すれば保険料が安くなる?!
禁煙すれば保険料が安くなる?!
保険相談サービスを賢く利用する方法
FP に無料で相談できるサービスがたくさんあります。比較することで自分にあった保険を見つけることができます
子供ができたときの保険の考え方
子供ができるとどうしても保障は必要になってきます。 注意したいのは、保険に入りすぎて「保険貧乏」にならないことです。
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険の付帯サービスってご存知ですか?
保険の契約をしているとさまざまなサービスが無料で受けられることをご存知ですか。これはサービス内容をまとめました。