保険を難しくしている保険業界の事情

保険を難しくしている保険業界の事情

保険を難しくしている保険業界の事情

 

ネットで検索すれば多くの保険に関する情報はあふれています。

 

私もFPになるまではいったいどのサイトを信じればいいのか
さっぱりわかりませんでした。

 

そもそも何がわからないのかも自分でわかっていません。
それじゃ頭に入ってくるはずはありませんよね^^:

 

保険が難しく感じてしまう理由は、

 

「非日常的な商品であること」が第一の理由だと思います。

 

 

まず
@情報の多くが保険会社や代理店などの
「保険を販売する側」からの発信であるということ

 

「生保レディ」や「ライフプランナー」、
「来店型の保険ショップ」「訪問型のFP」など
いずれも保険の代理店という位置づけです。

 

これから保険を検討したいと思って比較するにも
各社すすめてくる保険の商品が違うので
混乱して当然なんです。

 

 

それと
A保険会社や保険代理店は情報を発信するのに
いろいろな制限があります

 

保険を募集する立場の保険会社などは
かなり厳しく管理されていて、
チラシやHPやツイッターなどのSNSまでも
さまざまな制限を受けているんですね。

 

昔は売りたい保険をすすめてくる代理店が多かったのですが
近年厳しい規制のため近年減少傾向にあります。

 

なので自分自身もある程度知識を頭に入れて
「生保レディ」や「ライフプランナー」、
「来店型の保険ショップ」「訪問型のFP」
複数相談して比較することが大切です。

 

そうすることによって自分にあった保険はどれか
だんだんと浮き彫りになって、ベストな保険に入ることができます。

 

私自身も保険の見直しは数年に1回はしているので、
その経験もあり、
当サイトでも記載している保険相談サービスのランキングは
信頼できるものだと自負しています。

 

保険の見直しや新規で加入を検討されている方は、
当サイトで知識をある程度入れて、
保険相談のお役に立ててください。

 

参考になればうれしいです。

 

 

 

お暇なときに読み返していただけると
うれしいです。

 


保険を難しくしている保険業界の事情関連ページ

保険会社のランキングって信頼できるの?
保険会社のランキングって信頼できるの?
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
保険はびっくりするほど高い商品
保険はびっくりするほど高い商品
民間の保険に入らなくても公的保険の保障がある
なかには保険なんていらない!という人もいるでしょう。保険に入らない場合に知っておきたいことをまとめました。
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
禁煙すれば保険料が安くなる?!
禁煙すれば保険料が安くなる?!
保険相談サービスを賢く利用する方法
FP に無料で相談できるサービスがたくさんあります。比較することで自分にあった保険を見つけることができます
子供ができたときの保険の考え方
子供ができるとどうしても保障は必要になってきます。 注意したいのは、保険に入りすぎて「保険貧乏」にならないことです。
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険の付帯サービスってご存知ですか?
保険の契約をしているとさまざまなサービスが無料で受けられることをご存知ですか。これはサービス内容をまとめました。