保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう

保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう

保険の営業職員から新しい商品が出たといって、
保険の転換を勧められたことはありませんか。

 

例えば,
「新しい商品が出たんです。今よりも保障が充実している上に、
保険料はほとんど変わりません。もうすぐ更新で保険料が上がるので、
その前に切りかえた方がお得ですよ」

 

と誘ってきます。

 

しかしこの誘いにのってはいけません。

 

これは,保険の「転換」お勧められています。

 

転換をして契約者が得をすることは
ほぼないといっても過言はありません。

 

転換の仕組みを説明しましょう。

 

まず今まで入っていた保険を解約します。

 

そしてそれまでに貯まっていた解約返戻金を使って、
新しい保険に入り直すです。

 

たいていの場合、この解約返戻金は
掛け捨ての定期保険部分に使われます。

 

保険料の一部が解約返戻金でまかなわれているわけですから、
月々に支払う保険料は抑えられるのも当然です。

 

普通に解約すれば受け取れたはずの解約返戻金は
1円も手に入らなくなってしまいます。

 

さらに以前よりも予定利率が悪くなったり、
保険料の払い込み期間も延びてしまうことが多いのです。

 

保障内容をもっと充実させたいというのであれば、
特約を追加する、解約返戻金を受け取ってから別の保険に入り直すなど、
他の方法を選んだほうがよいでしょう。

 

 

保険の転換の種類と例

  転換価格の充当先 新しい保険の保険料 新しい保険の解約返戻金
@基本転換 終身保険部分 高い 多い
A定特転換 定期保険部分 安い 少ない
B比例転換 終身部分と定期保険部分 @とAの中間 @とAの中間

 

解約返戻金を新しい保険のどこに
充当するかでいくつかの種類にわかれます。

保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう関連ページ

お得な保険は絶対に手放さず無駄な特約だけを見直そう
予定利率が高かった時代に加入した貯蓄性のある保険は,そのままにしておきましょう。
保険の見直しでやっていいことと、いけないこと
保険は加入した当時のまま、ずっと継続していけば良いというものではありません。
保険証書を理解するコツ
難しい保険証書をほったらかしにしていませんか?意外とコツを掴めば見やすいものです。
保険料の支払い総額はいくらになるかを調べよう
保険を見直すときのチェックとして支払う保険料の総額を見よう
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
これまでの保険と新しい保険は加入期間をダブらせよう
新規に入り直す際のポイントは、前の保険と重複する期間を作ることです。
保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡
要はわずらわしさの問題です。
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険金の請求には「時効」があるので要注意
保険金の請求には「時効」があるので要注意
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜