保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡

保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡

まずはじめに言っておきますが、
「営業職員伝えるだけでは保険の解約ができない」
という意味ではありません。

 

契約者から解約したいと言われたら、
営業職員をその手続きをしなければならない

 

要は煩わしさの問題です。

 

営業職員は契約を取れば、自分の成績アップに繋がります。

 

逆に解約されるとマイナスになってしまうのです。

 

ですからできるだけ顧客に解約してもらいたくありません。

 

あれこれと理由をつけて引き止めにかかるものです。

 

そういう時によく使われるのが
「今解約すると損になります」という言葉です。

 

本当に損になるのかならないのかは、
自分で計算してみましょう。

 

この言葉をうのみにするのは厳禁です。

 

あるいは保険を解約することには異を唱えなくても
「それならこちらの商品はいかがですか」と、
別の保険を勧めてくる場合もあります。

 

解約という減点を、新規契約という形で補うとするのです。

 

営業職員を介すると、
このような煩わしさに悩まされることが多いのです。

 

親しくしている営業職員だったら、
なおさら断りにくくなってしまいます。

 

なので直接保険会社に連絡くれた方が
スムーズに解約できると思います。

保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡関連ページ

お得な保険は絶対に手放さず無駄な特約だけを見直そう
予定利率が高かった時代に加入した貯蓄性のある保険は,そのままにしておきましょう。
保険の見直しでやっていいことと、いけないこと
保険は加入した当時のまま、ずっと継続していけば良いというものではありません。
保険証書を理解するコツ
難しい保険証書をほったらかしにしていませんか?意外とコツを掴めば見やすいものです。
保険料の支払い総額はいくらになるかを調べよう
保険を見直すときのチェックとして支払う保険料の総額を見よう
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう
保険の転換をして契約者が得をするということはほぼないといって過言ではありません。
これまでの保険と新しい保険は加入期間をダブらせよう
新規に入り直す際のポイントは、前の保険と重複する期間を作ることです。
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険金の請求には「時効」があるので要注意
保険金の請求には「時効」があるので要注意
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜