保険の種類を変更できる商品もあります。

保険の種類を変更できる商品もあります。

収入保障保険や逓減定期保険などは、
加入時の保障が一番大きく、徐々に保障額が少なくなってきます。

 

合理的な保険ではあるのですが、
保障が先細りになることに不安を感じるかもしれません。

 

新しい保険に入り直すとなると、
保険料が高くなったり、
健康状態ではねられてしまう場合もあります。

 

しかし今入っている保険を利用して、
保障額が減っていくのを止めるということは可能なんです。

 

それは収入保障保険や逓減定期保険、定期保険は
「保険種類の変換」ができるようになっているのです。

 

これは現在の保障と同額以下であれば、
他の種類の保険に変更できるという仕組みです。

 

変更する際に健康状態を問われることはありません。

 

一般的には、終身保険か養老保険に変更可能となっていますが、
定期保険にかえられる会社もあるようです。

 

これらは保障額が一定ですから、
保障の目減りを防ぐ事ができるのです。

 

ただし一旦解約をして新たな保険に入り直す形になるので、
保険料はその時点の年齢で計算されます。

 

保障額次第では、以前よりかなり高い保険料になる
可能性があることは否定できません。

 

なお加入した時期や保険会社によって規定が
異なっていますので一度確認するようにしましょう。

 

 

保険の種類を変更できる商品もあります。関連ページ

お得な保険は絶対に手放さず無駄な特約だけを見直そう
予定利率が高かった時代に加入した貯蓄性のある保険は,そのままにしておきましょう。
保険の見直しでやっていいことと、いけないこと
保険は加入した当時のまま、ずっと継続していけば良いというものではありません。
保険証書を理解するコツ
難しい保険証書をほったらかしにしていませんか?意外とコツを掴めば見やすいものです。
保険料の支払い総額はいくらになるかを調べよう
保険を見直すときのチェックとして支払う保険料の総額を見よう
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう
保険の転換をして契約者が得をするということはほぼないといって過言ではありません。
これまでの保険と新しい保険は加入期間をダブらせよう
新規に入り直す際のポイントは、前の保険と重複する期間を作ることです。
保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡
要はわずらわしさの問題です。
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険金の請求には「時効」があるので要注意
保険金の請求には「時効」があるので要注意
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜