保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは

保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは

保険会社からお金を借りることができるのを
ご存知ですか。

 

実は保険には「契約者貸付制度」という仕組みがあります。

 

ただし、どんな保険からでも
貸してくれるというわけではなく、
終身保険や年金保険など、
貯蓄性のある保険に限られます。

 

こういった保険を解約すると、解約返戻金があります。

 

この解約返戻金を担保にして、
その8割まで借りることができるのです。

 

利率は3%から5.75%で、
多くの会社は予定利率+1.5%で設定しています。

 

基本的にはローンで借りるより割安ですね。

 

しかも返済はある時払いで構わないので、
毎月返済に追われるという心配もありません。

 

とはいえ返済を先延ばしにしていると、
解約返戻金がどんどん減ってきます。

 

借金の利子は福利計算になっているのです。

 

将来、受け取るお金を無駄に減らさないためには、
できるだけ早めに返済した方が良いでしょう。

 

それから返さなくてもいいお金もあります。

 

それは積立配当金です。

 

これは運用利回りが予定より多かった場合に支払われます。

 

通常、満期と一緒に支払われますが、
契約者が請求をすればいつでも引き出すことができます。

 

ただ運用が悪い時代が何年も続いたので、
あまり大きな金額ではないかもしれません。
参考になれば嬉しいです。

保険を担保にしてお金を借りる際の条件とは関連ページ

お得な保険は絶対に手放さず無駄な特約だけを見直そう
予定利率が高かった時代に加入した貯蓄性のある保険は,そのままにしておきましょう。
保険の見直しでやっていいことと、いけないこと
保険は加入した当時のまま、ずっと継続していけば良いというものではありません。
保険証書を理解するコツ
難しい保険証書をほったらかしにしていませんか?意外とコツを掴めば見やすいものです。
保険料の支払い総額はいくらになるかを調べよう
保険を見直すときのチェックとして支払う保険料の総額を見よう
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
口座の残高をゼロにして保険料をカットする裏技
保険商品の「転換」は99%を損をすると認識しよう
保険の転換をして契約者が得をするということはほぼないといって過言ではありません。
これまでの保険と新しい保険は加入期間をダブらせよう
新規に入り直す際のポイントは、前の保険と重複する期間を作ることです。
保険を解約するときは営業職員ではなく会社へ連絡
要はわずらわしさの問題です。
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
保障期間を短縮してから解約すれば「返戻金」がアップする
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途減額制度】保険の支払いに苦しくなったら減額できる制度
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
【中途増額制度】途中で保障額を増額することもできる。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険の種類を変更できる商品もあります。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
保険料の支払いが厳しくなったら「延長定期保険」というものがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
「払済保険」に変えるとこんなメリットがある。
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険会社が破綻した場合、あなたの保険はどうなるのか?
保険金の請求には「時効」があるので要注意
保険金の請求には「時効」があるので要注意
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【保険金をもらう手続き】もし死亡したらどう手続きするの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
【給付金をもらう手続き】もし入院や手術となったらどうしたらいいの?
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由@
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜
その医療保険待った!医療ほ保険はいらない理由A〜高額医療費制度〜