保険相談サービスを賢く利用する方法

保険相談サービスを賢く利用する方法

 

ファイナンシャルプランナーに無料で相談できる
保険相談サービスがたくさん出てきました。

 

たくさんの保険を比較してもらえるのはいいことなのですが、
必ずしも自分に合ったプランを提案してくれるとは限りません。

 

実は、保険相談サービスのおもな収入減は
保険会社からの販売手数料です。

 

なので、手数料が高い商品を
売りたいと思うのは当然のことです。

 

特に顕著なのが学資保険はすすめられることは少ないです。。

 

学資保険に加入してもらって、
もらえる販売手数料は少ないんですね。

 

販売手数料の低い学資保険の代わりに、
販売手数料の高い
「低解約返戻金型終身保険」を
すすめられるのはよく聞くお話です。

 

こういったファイナンシャルプランナーばかりではありませんが、
自分である程度保険の知識を学ばなければなりません。

 

そのために、無料で相談できるメリットを最大限活かして
1社だけではなく、少なくとも2社以上の
保険相談サービスを利用してみましょう。

 

2ヶ所で異なったプランをすすめられるかもしれませんが、
そのときはどちら内容の方が納得できるか比べれば良いだけです。

 

長い間支払い続ける保険は高い買い物ということを忘れてはいけません。

 

1社のみの提案をうのみにせずに、
複数の意見を聞いて自分で判断する。

 

これが保険相談サービスの賢い利用方法です。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

保険相談サービスを賢く利用する方法関連ページ

保険会社のランキングって信頼できるの?
保険会社のランキングって信頼できるの?
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
「みんなが入っている」「CMでよくみるから」で保険にはいるのはやめよう
保険を難しくしている保険業界の事情
保険が難しく感じてしまう理由は、「非日常的な商品であること」が第一の理由だと思います。
保険はびっくりするほど高い商品
保険はびっくりするほど高い商品
民間の保険に入らなくても公的保険の保障がある
なかには保険なんていらない!という人もいるでしょう。保険に入らない場合に知っておきたいことをまとめました。
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
『そもそもお金の不安を保険ですべてカバーするというのが間違い』
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
人生で2番目に大きい買い物をなぜか下調べしない人が多い。
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
1社ですべての保険を賄っていませんか?保険は組み合わせるのが基本
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
「どの保険より」も「どのように入るかを考えよう」
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
タイプ別でわかる!自分に必要な保険はどれだ?
禁煙すれば保険料が安くなる?!
禁煙すれば保険料が安くなる?!
子供ができたときの保険の考え方
子供ができるとどうしても保障は必要になってきます。 注意したいのは、保険に入りすぎて「保険貧乏」にならないことです。
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
【保険の加入方法を比較!】営業職員、自分でネットで探す、保険相談一体どれがいいの?
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険料の支払いをクレジットカードのするとポイントがついてお得に
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険ってどのタイミングから保障がスタートするの?
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険に入るか入らないかを考えるのが第一。
保険の付帯サービスってご存知ですか?
保険の契約をしているとさまざまなサービスが無料で受けられることをご存知ですか。これはサービス内容をまとめました。