国民健康保険

【国民健康保険】自営業者や無職の人が対象

国民健康保険について説明していきます

 

国民健康保険は自営業者や無職の方など、
健康保険の対象とならない人が対象の保険です。

 

なので被扶養者という概念がなく、
加入全員が被保険者という考えです。

また業務上や業務外という区分もありません。

 

保険者は原則として「市区町村」になります。
給付内容は健康保険とほぼ同じになっています。

 

ただし、傷病手当金や出産手当金のついては任意給付となっているので、
実施していない保険者もあります。

 

ここでは健康保険と国民健康保険の
簡単な違いを図にしておきたいと思います。

 

  国民健康保険 健康保険

療養の給付
(家族療養費)

労災保険の給付対象とはならない傷病・・・○
高額療養費

出産育児一時金
(家族出産育児一時金)

出産手当金 ×
傷病手当金 ×

埋葬料
(家族埋葬料)

 

【国民健康保険】自営業者や無職の人が対象関連ページ

【健康保険】会社員やその家族が対象
会社員の方が対象となる「健康保険」について
退職後の医療保険はどうなるの?
退職後の医療保険はどうなるの?
【後期高齢者医療制度】75歳以上になるとすべての人が加入する制度
【後期高齢者医療制度】75歳以上になるとすべての人が加入する制度