退職後の医療保険はどうなるの?

退職後の医療保険はどうなるの?

退職後の医療保険については
健康保険に加入されたいた方は3つの選択肢があります

 

@任意でそのまま継続
A国民健康保険に入る
B家族の被扶養者になる

 

@任意でそのまま継続

退職後要件を満たした場合のみ、
最長2年間そのまま継続することができます。
その要件とは
・資格喪失の日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者であったこと
・資格喪失の日から20日以内に任意継続被保険者となるための申請をしたこと

 

この2つの条件を満たさなければなりません。
速やかに手続きをする必要があるということです。
保険料は会社員時代は会社と折半でしたが
金額自体はそれほど高くなりませんが、
全額負担になるのでその点は注意しておいてください。

 

A国民健康保険に入る

退職後任意に健康保険に加入しなければ
国民健康保険に加入することになります。
保険料は前年度の所得に影響するのでその点は知っておいてください。
退職直前の給料が高かった方は高くなることがあります。
まれですがそのまま健康保険を継続したほうが安くなるというケースもあります。

 

B家族の被扶養者になる

同居している家族の誰かが健康保険に加入していて
ある程度の収入があって
その人の被扶養者になる方法です。

 

 

退職後の医療保険はどうなるの?関連ページ

【健康保険】会社員やその家族が対象
会社員の方が対象となる「健康保険」について
【国民健康保険】自営業者や無職の人が対象
【国民健康保険】自営業者や無職の人が対象
【後期高齢者医療制度】75歳以上になるとすべての人が加入する制度
【後期高齢者医療制度】75歳以上になるとすべての人が加入する制度