国民年金

国民年金の仕組みついて詳しく解説!

国民年金は日本国内に住所がある
20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するもので、
基礎年金ともいわれています。

 

国民年金に加入する保険者には
第1号被保険者
第2号被保険者
第3号被保険者

と3種類に分けられます。

 

  第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者
対象者 自営業者、学生、無職の人など

会社員や公務員
(厚生年金保険や共済年金の加入者)

第2号被保険者の
被扶養配偶者

年齢要件 20歳以上60歳未満

なし
ただし老齢年金の受給者となった場合には第2号被保険者の資格を失う

20歳以上60歳未満
国内居住要件 あり なし なし

 

 

第1号被保険者とは
日本国内に住所がある20歳以上60歳未満で、
自営業者や学生、無職の人などが対象の保険です。

 

第2号被保険者とは、
厚生年金や共済年金に加入している人のことです。
雇われているひとが対象ですので、
年齢や住所に関する要件はありません。
ただし、65歳以上で年金をもらっているひとは
厚生年金に加入していても第2号被保険者とはなりません。
もちろん働いている人は第2号被保険者の対象となります。
第2号被保険者は
「国民年金」+「厚生年金」か、
「国民年金」+「共済年金」のように
2つの年金制度に同時に加入していることとなります

 

第3行被保険者とは20歳以上60歳未満で、所得用件を満たし、
第2号被保険者に扶養されている配偶者のことです。
扶養の範囲なので年収130万円未満が対象になります。

 

なお60歳〜65歳の人などは
国民年金の加入義務はないのですが、
将来の受給額を増やすために
任意で国民年金に加入することができる
任意加入被保険者というのがあります。

 

対象者は
・国内に住所がある60歳以上65歳未満の人
・国内に住所がある20最上60歳未満の人で、
老齢厚生年金などの給付を受けることができる人
・日本国籍をもっているひとで、国内に住所がない20歳以上65歳未満の人
(海外に住んでいる人など)

 

国民年金の保険料について詳しく解説!

第1号被保険者
・国民年金保険料は15,250円(平成26年)
・毎年4月に280円ずつ引き上げられて、最終的に16900円に固定
・保険料の前納によって一定の割引を受けることができる。
・保険料を滞納した場合、納付期限から2年以内ならば、納付が可能
(平成24年10月1日から平成27年9月30日までの間は10年以内にさかのぼって後とから納付できる)

 

第2号被保険者
厚生年金保険料に国民年金保険料も含まれるため、
国民年金保険料を別途納める必要はありません。

 

詳しくは厚生年金の概要の記事で説明しております。

 

第3号被保険者
保険料の負担はありません。
この第3号被保険者になるためには
旦那さんなどの勤務先を通じて届出をする必要があります。

 

 

 

国民年金の保険料を免除する制度もある

国民年金の保険料って高いですね。
収入が低くてなかなか払えないという人もおられるでしょう。
そのような方のために
第1号被保険者には届出をするといくらか免除してくれ制度があります。
これは国民年金をアテししていなくできるだけ払いたくない人は
申請したほうがいいと思います。
もらう年金は少なくなりますが、
払ったという期間はカウントされます。

 

@法定免除
障害年金の受給者や生活保護法による生活扶助を受けている人などは、
届出をすることにより保険料が全額免除されます。

 

A申請免除
所得が一定以下の場合は、申請して認められた場合、
所得の多い少ないに応じて保険料の全額、4分の3、半額、4分の1が免除されます。

 

B学生の納付特例
20歳以上の学生で本人の所得が一定以下の場合、
親などの所得には関係なく、申請することによって保険料の納付が猶予されます
*免除ではない!

 

C若年者納付猶予制度
30歳未満で所得が一定以下の場合、
申請することによって保険料の納付が猶予されます。
*免除ではない!

 

なお、たとえ同居であっても親などの所得は関係ありませんが、
配偶者がいる場合には配偶者の所得は考慮されます

 

 

【国民年金】国民年金の仕組みついて詳しく解説!関連ページ

【厚生年金】国民年金に上乗せされる年金
厚生年金は国民年金に上乗せされる2階部分の年金で、民間企業などの適用事業所で働く70歳未満の人が被保険者となります。
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【企業年金】企業が従業員のために積み立てる保険
【遺族基礎年金】国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
国民年金に加入している人が死亡したとき、遺族がもらえるものです。
【遺族厚生年金】遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
遺族厚生年金は、厚生年金の加入者が死亡した場合、遺族がもらえる年金です。
【障害基礎年金・障害厚生年金】障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。
障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。障害基礎年金と障害厚生年金とあります。
【国民年金基金・付加年金・小規模企業共済】自営業者のための年金制度
老齢厚生年金に上乗せする制度です。
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
年金をもらうための手続きはどうすればいの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?
離婚したら旦那の厚生年金もらえるの?