損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険は特約が魅力的

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険は特約が魅力的

保障に力を入れているのが日本興亜ひまわり生命の学資保険の特徴です。

 

養育年金とお見舞金を付加させないB型もありますが、学資金を受け取れるタイミングは同じなのでここではA型の保険プランについて詳しく説明します。

 

A型の保険プランは、小中高と大学入学時、そして満了時に学資金が受け取れる保険プランです。

 

30歳男性が0歳児をA型保険プランに加入した時のシミュレーションを見てみましょう。

 

★満期学資金100万円(保険総額200万円)
★22歳満期
★22歳払い込み
★祝い金6歳10万・12歳20万・15歳30万・18歳・50万・満期22歳50万
★月額10671円
★返戻率70.9%

 

子どもの死亡保障と、契約者の養育年金を付加させた場合の支払額になります。

 

満期は15歳と18歳も選ぶことが可能です。

 

加入年齢や契約者の年齢

A型プランに加入する場合、特約が付いているため子供の扶養者しか加入することができません。

 

そのためあまり上限は気にしなくても良いでしょう。

 

親の加入年齢と子供の加入年齢は以下の通りです。

 

★15歳満期契約者18歳〜70歳子供0歳〜9歳
★18歳満期契約者18歳〜65歳子供0歳〜12歳
★22歳満期契約者18歳〜55歳子供0歳〜15歳

 

満期によって違いがありますが、22歳満期の場合子供が15歳まで契約することができます。

 

一般的な学資保険の約2倍程度の年齢です。

 

様々な特約が魅力的

日本興亜ひまわり生命の学資保険は、様々な特約が付いています。

 

中でもお見舞金は他の学資保険ではない特約なので、特徴を知っておきましょう。

 

子供の死亡保険

日本興亜ひまわり生命の学資保険には子供の死亡保障が付いています。

 

子供の年齢の契約日を基準に受け取れる死亡保険の金額が変わります。

 

例えば4歳の契約日から5歳の契約前日までなら基準保険金額の60%が、6歳以降は100%が受け取れます。

 

契約者の養育年金とお見舞金

契約者に万が一のことがあった場合、基準保険金額の100%が満期年齢まで毎年受け取れます。

 

また日本興亜ひまわり生命の学資保険の特徴である、お見舞金は基準保険金額の50%が保障されます。

 

お見舞金は1回だけの受け取りになります。

 

保障を付けないB型もありますが、特約が魅力的なので付けた方が良いでしょう。

 

貯蓄型の学資保険ではないので返戻率は低いです。

 

またお見舞金という他にない特約に注目したい保険です。

 

 

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険の返戻率

保障型の学資保険なので日本興亜ひまわり生命の学資保険の返戻率は低いです。

 

保険プランは2種類あり、特約を付けないタイプのB型プランもあります。

 

日本興亜ひまわり生命の返戻率

★A型30歳男性0歳こどもの場合70.9%
★B型30歳男性0歳こどもの場合93.8%

 

B型でも元本割れを起こしています。

 

B型プランについているのは保険免除制度のみで、それは他の学資保険にも付加されています。

 

特約を付けないのであれば、日本興亜ひまわり生命の学資保険ではなく100%を超えるタイプを選びましょう。

 

返戻率は低いのに選ばれている理由は?

学資保険は返戻率がどれだけ高いかを基準にする人がほとんどです。

 

ただし日本興亜ひまわり生命の学資保険は人気です。

 

理由は2つあります。

 

養育年金の額が業界でトップ

特約が付いている学資保険は他にもありますが、ひまわり生命の養育年金は業界でもトップクラスに保障が手厚いのです。

 

養育年金は一般的に60%程度の保険金なのに対し、ひまわり生命は6歳以降は100%です。

 

つまり基準保険金額が100万円なら毎年100万円が支給されることになります。

 

養育年金だけでなくお見舞金がある

一時的に支払われるお見舞金ですが、それでも基準保険金額の50%ものお見舞金が支払われます。

 

お見舞金のある学資保険はほとんどありません。

 

確かに返戻率の少ない学資保険です。

 

しかし特約に関しては業界トップクラスの手厚い保障が付いています。

 

また他にないお見舞金の特徴があるので、保障型の学資保険を悩んでいる人にお勧めです。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険の保険料の払い込み期間と支払い方法

保障型の学資保険は満期と同じ払込期間であることが多いのですが、日本興亜ひまわり生命の学資保険も同様です。

 

日本興亜ひまわり生命の学資保険の払込期間

★15歳満期の場合15歳払い込み
★18歳満期の場合18歳払い込み
★22歳満期の場合22歳払い込み

 

上記のように満期年齢によって払込期間が決まると覚えておきましょう。

 

一般的な貯蓄型の学資保険とは違い、払込期間が短い分返戻率があがるということではありません。

 

日本興亜ひまわり生命の学資保険の支払方法

日本興亜ひまわり生命の学資保険の支払方法と払い込み方法について見てみましょう。

 

一般的な学資保険と同じ口座振替と送金に対応していますが、他にクレジットカードが選べます。

 

年間にすると10万円程の保険料が発生しますので、クレジットカードでの支払いをお勧めします。

 

クレジットカードの支払ならポイントが貯まるので、少しでも家計の助けになりますね。

 

日本興亜ひまわり生命の払い込み方法
日本興亜ひまわり生命の学資保険は他の学資保険と同様に、複数の払い込み方法があります。

 

★月払い
★半年払い
★年払い

 

もともと返戻率を気にして加入する学資保険ではありませんが、月払いよりも年払いの方が保険料は安くなります。

 

また年払いにするとクレジットカードのポイントが一度に貯まるので、大きな買い物をする時には年払いが便利です。

 

払込期間については満期年齢と同じになります。

 

また支払方法はクレジットの年払いがお得です。

 

ポイントも貯まり、保険料も安くなるので加入する人は検討してみてください。

 

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の学資保険は特約が魅力的関連ページ

ソニー生命の学資保険は返戻率も高く貯蓄性の高い学資保険
ソニー生命の学資保険は貯蓄性の高い学資保険で契約数80万件と一番人気でおすすめします。
ニッセイの学資保険は高い返戻率でおすすめできる学資保険
国内の生命保険ということと約104%という返戻率の高さから常にランキング上位に入るニッセイの学資保険。ニッセイの学資保険には「お祝い金なし」「お祝い金あり」の2種類の保険プランが選べるのが特徴です。
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
フコク生命の【みらいのつばさ】学資保険の特長について
明治安田生命の学資保険「つみたて学資」は返戻率も高く評判がよいオススメの学資保険
明治安田生命にはつみたて学資という学資保険があります。返戻率が高く人気の学資保険です。
住友生命のこども保険には学資保険の「すくすく保険」、個人年金保険の「楽しみキャンパス」がある
住友生命の学資保険には、「すくすく保険」と「たのしみキャンバス」の2つを取り扱っています。 「すくすく保険」は学資保険ですが、「たのしみキャンバス」は個人年金保険のため契約者死亡時の保障など学資保険にある機能がありません。
JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つある
JA共済の学資保険には大きく分けて「学資応援隊・にじ・えがお」と3つありますが、貯蓄型の学資保険は「学資応援隊」という保険プランになります。「にじ」と「えがお」は、親だけではなく子どもへの手厚い保障が特徴になっている保険商品です。
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険なので元本割れする
かんぽ生命の学資保険は保障型の学資保険のため、元本割れを起こします。ただし医療特約が充実しているため、保障も欲しい人にとっては非常に魅力的な特徴と言えます。
太陽生命の学資保険「わくわくポッケ」は元本割れする学資保険
太陽生命の学資保険は最近返戻率が高いという一般的な学資保険とは違います。貯蓄型の学資保険ではなく、保障が手厚いので子供の医療保障や契約者の三大疾病育英特約をつけたい人向けの学資保険です。
三井住友海上あいおい生命の学資保険「&LIFEこども保険」は医療特約と養育年金が魅力的
あいおい生命に返戻率を求めるのは間違いです。元々保障の手厚い学資保険なので、返戻率重視の人は貯蓄型の学資保険を選びましょう。
アフラックの学資保険の【夢みるこどもの学資保険】は人気が高い。
アフラックの学資保険は他の学資保険と違い保険プランが1種類だけになります。 貯蓄型ではありますが、今のところは元本割れを起こしています。 高校入学時にも受け取れるメリットもあるので、特に私立高校を受験するお子さんにはメリットもあるでしょう。
メットライフ アリコの学資保険
メットライフ アリコの学資保険の特長について
CO−OP(コープ)共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
CO−OP共済《たすけあい》J1000円コースの特徴について
「FP」「代理店」「ネット」どれがいいの?
「FP」「代理店」「ネット」どれがいい?良い学資保険を選ぶ最良の方法
元本割れしない学資保険返戻率ランキング
元本割れしない学資保険返戻率ランキング
【Q&A】学資保険は入ったほうがいい?
学資保険は必要でしょうか?