公的年金制度

【公的年金制度】老後に支給される年金制度

退職後の生活において収入の柱となるのが
公的年金から支給される老齢年金です。

 

ただ、少子高齢化が進む中で財政状態の悪化が続き、
今後は受給開始年齢の引き上げや
年金受取額が少なくなるという影響が大きくなってきます。

 

ここでは国民年金と厚生年金、
共済年金からなる公的年金制度の仕組みとともに、

 

老齢年金や障害年金、
遺族年金といった受給についての知識も説明していきます。

 

まずは年金全体像を図にします。

 

 

公的年金には全国民が共通の基礎年金である「国民年金」と、
民間企業に勤める会社員などが加入する「厚生年金」
公務員や教職員などが加入する共済年金の3つがあります。
*平成27年10月に厚生年金と共済年金は統合されます。

 

なお公的年金の上乗せとして、企業が制度を準備する企業年金、と、
個人が自分のために準備する個人年金があります。
*これらを私的年金という

 

 

公的年金の給付について

公的年金の給付には、
老齢給付、障害給付、遺族給付の3種類があります。

 

@老齢給付
老後の生活を支えるための年金で、一定の年齢になると受給権が発生します。

 

A障害給付
所定の障害状態になった場合に支給される年金です

 

B遺族給付
年金に加入している被保険者が死亡した場合に、
一定の親族に対して支給される年金です。

 

 

公的年金給付の名称

 

  国民年金 厚生年金 共済年金
老齢給付 老齢基礎年金

・特別支給の老齢厚生年金
・老齢厚生年金

退職共済年金
障害給付

障害基礎年金
(1〜2級)

・障害厚生年金(1〜3級)
・障害手当金

・障害共済年金(1〜3級)
・障害一時金

遺族給付

・遺族基礎年金
・寡婦年金
・死亡一時金

遺族厚生年金 遺族共済年金

 

基本的に1人1年金です。

 

 

 

【公的年金制度】老後に支給される年金制度記事一覧

国民年金は日本国内に住所がある20歳以上60歳未満のすべての国民が加入するもので、基礎年金ともいわれています。国民年金に...

厚生年金は国民年金に上乗せされる2階部分の年金で、民間企業などの適用事業所で働く70歳未満の人が被保険者となります。厚生...

企業年金とは企業が従業員のために積み立てるもので退職時の退職一時金やその後の年金として支給されます。企業年金には2つのタ...

遺族年金(給付)とは公的年金制度の被保険者が死亡した場合に、親族がもらえる年金です。国民年金からの給付には・遺族基礎年金...

遺族年金(給付)とは公的年金制度の被保険者が死亡した場合に、親族がもらえる年金です。国民年金からの給付には・遺族基礎年金...

障害年金は、被保険者が所定の障害状態となった場合に受給できるものです。障害基礎年金と障害厚生年金とあります。障害厚生基礎...

ここでは老齢基礎年金に上乗せする年金、・国民年金基金・付加年金・小規模企業共済について説明していきます国民年金基金国民年...

年金は、自動的に振り込まれるものではなく、こちらから請求しなければなりません。このことを「裁定請求」といいます。年金は請...

離婚したら「旦那がもらえる年金の半分はもらえるよね?」と思われている方がおられますが、これは違います。対象となるのは「結...