こどもができたら入っておきたい「終身保険」について解説

こどもができたら入っておきたい「終身保険」について解説|FP2級技能士パパち

 

「終身保険」は一生涯保障が続く保険です。

 

いつ死亡しても保険金を受け取ることができ、
保険金を受け取った時点で保障は終了します。

 

満期保険金はありませんが、途中で解約した場合には、
解約時期に応じた解約返戻金があります。

 

この解約返戻金を活用することで
老後生活費用の準備として利用することができます。

 

終身保険の主な目的

 

終身保険の主な目的は

・老後の生活資金のため
・葬式費用のため
・相続税の対策のため
・こどもの学費を貯めるため
・短期で積み立てをしたいため

です。

 

終身保険とは一生死ぬまで続く保険で、
死亡したときにや高度な障害状態になったときに
保険金が支払われます。

 

死ぬまで保障なので定期保険に比べると保険料は高くなります。
だいたい月額1万円〜2万円くらいでしょうか。

 

誰でもいつかは死が訪れます。

 

なので必ずもらえるという点が大きな特徴です。

 

また、貯蓄性もあります。

 

これがメリットです。

 

デメリットもあります。

 

それは掛け捨ての保険に比べて高いという点です。

 

また、予定利率が低い今の時代、
実はあまり貯蓄性もありません。
貯蓄目的はほぼないとおもっておいて間違いないでしょう。

 

さらに、終身保険は超長期の固定金利なので、
インフレになるとお金の価値が下がりますので、

 

葬式代にと思っていたのに全然足りないという
ことも起こかねません。

 

こういったデメリットもありますが
終身保険は相続税対策として有効利用できます。

 

死亡保険金は相続人の数×500万円まで非課税になりますので
うまく利用しましょう。

 

終身保険は低解約返戻金型が多いので
早めに解約すると損することもありますので
注意しましょう。

 

 

 

 

よろしければ応援お願いします☆

 

 


こどもができたら入っておきたい「終身保険」について解説記事一覧

低解約返戻金型終身保険は現在販売されている終身保険の多くがこのタイプです。終身保険としては保険料が割安になっているかわり...

定期保険と終身保険がセットになった商品です。以前は国内の生命保険会社の主力商品でした。いまも主力商品として扱っている会社...